法人概要

法人の概要

名称:有限責任開花監査法人
代表:小田 哲生
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿6丁目27-28コンフォリア新宿イーストサイドタワーA208

電話/FAX:03-6278-9496

HP:https://llc.kaika-audit.com

または、https://sites.google.com/kaika-audit.com/top

業務内容

会計監査、IPO支援業務、内部統制評価・構築支援、中国・東南アジアマーケット進出支援、IFRS対応支援

パートナーの紹介

小田 哲生:代表パートナー。1979年より朝日会計社(現あずさ監査法人)に勤務。2002年より2009年まで代表社員。1985年以降はIPOを専門に扱う企業公開部に所属。20年以上に渡り、IPO業務推進の中心的役割を果たす。関与先でIPOを達成した企業数は30社以上となるが、特に2005年から2008年の4年間にかけて上場を達成した企業は15社(スタート・トゥデイ、ぐるなび、RIZAPなど)となり、公認会計士業界では最多となる。東証、JASDAQ、ヘラクレスなどの主催するセミナーで数多くの講師を務める。2009年あずさ監査法人退任。2014年12月から2018年6月まで東陽監査法人顧問。2013年㈱IPOドライバー設立、代表取締役。

松本 達之:パートナー。1983年より朝日会計社(現あずさ監査法人)に勤務。2012年まで会計監査、IPO支援業務に従事。その間に、子会社にて大型汎用機用業務システム開発に従事。一時、スパコン・クローン・メーカーに転職し管理業務に従事。2010年からはIT監査部にてITを中心に内部統制の評価に従事。2017年まで延べ7年間、公認会計士協会品質管理レビューアー。

小泉 博之:パートナー。1992年より朝日新和会計士社(現あずさ監査法人)に勤務。2007年6月まであずさ監査法人及び関連会社への出向中に会計監査、M&A、株式上場準備、事業再編、連結グループ経営業務設計、業務改革支援等を大手企業からベンチャー企業まで広い範囲で経験する。2002年10月に若手起業家交流会を立ち上げ代表幹事に就任、2000人の会員を擁し、2007年5月に北京の人民大会堂にて日中韓青年実業家フォーラムに30名の日本人起業家を選抜して日本側協力団体として参画した。2007年7月からKPMG中国へ駐在して日系企業70社の監査責任者を担当。2013年5月にパームスプリングアドバイザリー株式会社を設立、アジア諸国、特に中国、マレーシアとのクロスボーダーのアライアンス支援、事業リスク低減・企業価値向上の戦略立案と実践を支援している。キャンパスベンチャーグランプリ東京(日刊工業新聞、商工会議所主催)、とやま起業未来塾(富山県主催)、ベンチャー戦略支援センター(東京中小企業投資育成主催)では400件を超える事業計画書をレビュー、評価を実施した。

福留 聡 :パートナー。2002年10月より監査法人トーマツに勤務、2007年7月あずさ監査法人入社、2法人合計で7年9ヶ月在籍した。監査法人時代は主に会計監査、IPO支援、財務デューデリジェンス、フランス子会社のリファード業務等に従事、2010年7月から個人事務所開業及び福留聡国際会計アドバイザリー株式会社を設立し、主に日米法人の税務顧問、香港、カナダ、シンガポール等の海外IPO支援、IPO準備会社のCFO等に従事。税効果会計、IFRS等の書籍、雑誌、DVD等出版は50を超える、士業ブログ村公認会計士部門5年以上常時ランキング1位獲得。

奥津 泰彦:パートナー。2008年まであずさ監査法人にて会計監査、IPOに従事。2008年2月から個人事務所開業及び上場準備会社及び再生業務をCFO、常勤監査役として会社側から関与。